2013年02月04日

景気は回復するか?

アベノミクス☆円安と株高が止まらない・・・止まらないか?
日銀の首根っこを掴んで、消費者物価が2%持続的に上昇するまで、金融政策を駆使するよう約束させた。金政策の中身は日銀の独立性を尊重し(日銀法)政策に口出ししないと言って、うまくいけば政府の手柄、上手くいかなければ日銀のせいにする口実は確保した。
デフレ退治のためにインフレを起こすという政策、インフレ目標の設定、円高修正=円安対策であるが、そういった施策で日本経済は良くなるのか?
物価を上昇させるというメッセージ、円高修正して円安誘導するというメッセージは、景気が良くなるという期待を生んだのか?
前にも書きましたが、公共事業を増やして需要を創出すれば、その分だけGDPは増える。GDPの増加は景気が良くなったということなのか?
デフレとは何か?物価が下がるのは何故か?物価が下がるから景気が悪くなるのか?物価が上がれば景気が良くなるのか?
円安にすれば、景気が良くなるのか?円高だから景気が悪いのか?
株高が続いているが、景気が良くなる前兆なのか?
インフレを起こすということ自体、果たして可能なのか?インフレって、どうして起こるのか?
デフレって、どうして起こるのか?

近々、要請があれば、セミナーをしたいと思います。家計において、今年は重要なターニングポイントとなる年となるでしょう。どういうことか?お話したいと思います。



posted by FPの森 at 15:27| 京都 🌁| 家計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。