2013年07月08日

参議院選挙後の金融・不動産の投資環境は?

参議院選挙も自民党の圧勝、歴史的な大勝になると確信しています。安倍さんって、これほど演説が上手だったかと感心しています。
一番になろう!というフレーズは。民主党のレンホウとかいう元キャンペーンガール議員が「二番じゃダメなんですか!」で物議をかもした時に、一番になろう!が生まれたらしいのですが、ナンバー・ワンというフレーズは日本人好みですよね(笑)
オンリー・ワンは弱者の論理(逃げの論理)、ナンバー・ワンは強(勝)者の論理と云いますが、日本人特有の島国根性からの劣等感(海の向こうの見えざる文化への憧れ)から、世界一へのこだわりが強いという分析もあります。
さておき、参議院選挙後の投資環境に変化はあるでしょうか?
忘れてはならないのは、ほんの半年ほど前、例えばEU危機、例えば中国経済への懸念・・・。そういう状況はアベノミクスとは無関係です。逆に言えば、EUや中国、ブラジル、インド、ロシアなどの新興国経済が頭打ちする中、日銀の超大胆な金融緩和により金融投資の環境が一気に明るくなった日本へ、それら新興国に滞留していた投資資金が大挙流入した。
当然、逃げ足の速い短期資金ですから、津波のようなモンで、一気に来て一気に引くという投資スタイルです。したがって、ドンドン上昇して、5月に一気に急落した。
参議院選挙までは、株式相場においては、もみ合いの中、小さな津波現象を起こすような展開になるでしょう。為替については、様々な見方はありますが、日銀による大胆な金融緩和は=ドル買い介入と同じ作用をするので、当面は円安の流れでしょうが、基本トレンドとしては、円高だと考えています。
数年以内に1米ドル=50円の方向性に変化は無いと確信しています。
ともあれ、目先ですが、クライアントさんには日々細かい指示を出しているところですが、基本的には短期スタンスであり、選挙後は再びキャッシュポジションを高める考えです。為替取引も当分静観です。
どうしても気になるのは、デフレーターの数値が改善しない、大量に出回ったドルの信認に懸念がある、EU情勢は依然として不安定である、中国・ロシアの経済活動が滞留している、なにより日本の経済が良くなるかどうか?に大いに懸念がある。
以前から何度となく確認するように、自民党の復権=アベノミクスの効果以上に米国による金融緩和効果によって、この半年、日本の輸出産業は恩恵を受けた。黒田さんは、確かに円安を早めたが、素地は3度にわたる米国の大胆な金融緩和の効果である。
米国FRBは、そのドル紙幣を回収しようとしている。だから、新興国の経済活動が止まろうとしている。そのショックは、大胆な施策ゆえに大きなモノになると予想する。それをショックの大きさを見て、黒田さんがした金融緩和(アベノミクス第一の矢)に対する副作用の不安が爆発する懸念がある。
参議院選挙後の金融・不動産など資産投資の環境変化には十分な想定と覚悟が必要であると考えています。



posted by FPの森 at 17:32| 京都 ☀| 家計 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。