2013年10月25日

お久しぶりです☆

ようやく国会審議が始まりましたねぇ〜るんるん
安倍さん、絶好調です。

さて、消費税が来年4月~8%に上がりますが、賛否両論、皆さん如何お感じになりますか?
そもそも、政府の借金(国債)も税収も、ファイナンスという意味では何らの変わりはありません。

国債発行は間違いで、増税は正しいかのような議論には、経済学的に考えて疑問です。
国債発行は、将来世代への付け回しなので、増税によって今の世代で解決する・・・?
そうでしょうか?

新たな資金調達という点では、国債発行も増税による税収UPも同じです。
国債は政府による国民からの借金だから、将来国民に返済しなければならない。
税収は政府にとっては純粋な財源だから借金である国債発行とは全く違うという人もいますが、
借金を返済する(国債の償還)のは政府で、その償還財源は国民からの税収で、返済先は国民です。

しかも、国債の償還は20年30年先の将来なので、償還を受けるのは国債を買った今の世代ではなく、
その大部分は、将来世代(国債を買った世代を親に持つ子供たち)になる可能性が高い。
付け回しどころか、将来世代にとっては、キャッシュインという負担どころか受益になるのです。

しかも、納税は払いっ放しで、そのまま負担となりますが、国債は払った分(政府に貸した分)が、
将来戻ってくるのですから、インフレ率を考慮しなければ、差し引きのゼロで負担が無い。

要するに、政府のファイナンス方法(資金調達方法)において、国債発行は間違いで、
増税は正しいという認識は、論理的に矛盾するということです。
以上のような、考え方もあるということで・・・

☆お知らせ☆
京都三条ラジオカフェで番組提供してます。
第1回目に出演してますので、良かったら観てくだされ〜(^。^)y-.。o○左斜め下
http://radiocafe.jp/201310008/episodes/2013-10-13oa/

posted by FPの森 at 01:42| 京都 ☁| ライフプラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

住宅ローンの賢い利用法

住宅ローンの賢い利用法・・・としましたが、(またしても中身の無い書籍のキャッチコピーみたいで恐縮ですあせあせ(飛び散る汗))「賢い」というのは、どういう意味かと言いますと、自分で返済せずに他人に返済してもらうような利用の仕方、いうことでするんるん

ねっグッド(上向き矢印)興味あるでしょexclamation&questionファイナンスに関する実務能力があれば、杓子定規に住宅ローンを自分で返済したりしないひらめき他人に払わせて自分のモンにする、という基本を外すことなく、そのスキームを考えて行動しないといけない。

どういうことか?具体的にはタダいうわけにはいかない。それは理解してよexclamation×2コンサルとか相談とか、他人の知恵を拝借するには報酬が必要という基本的なルールむかっ(怒り)

5千万円の物件も、3000万円で取得したのも同然というような、そういうファイナンスができたらエエでしょexclamation&question

知識があって、知恵がついて、結果として利得をもたらすひらめきそういう利得をもたらすスキーム無しに、家計が潤うなんて有り得ないあせあせ(飛び散る汗)そやのに、顧問のファイナンシャルプランナーがいる方は非常に少ない、が、資産家の多くは顧問のFPがいるひらめきだから、資産家なんやなひらめきとも言える。

家計のレベルこそ、実戦能力のあるFPと、身近な相談相手として付き合える関係を築いておくべきですexclamationでないと、これからの時代、ホンマにエライこっちゃあせあせ(飛び散る汗)がく〜(落胆した顔)いうことになるかもexclamation&question



posted by FPの森 at 15:47| 京都 ☀| ライフプラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

現役世代の老後

今日はめっちゃエエ天気ですね晴れ日傘が必須アイテムですね晴れお肌大事にせんとねあせあせ(飛び散る汗)美しい老後はないからねダッシュ(走り出すさま)

これから、もうすぐ定年退職で老後を迎えようとする人は、結構、愉快な老後生活計画みたいなものがあったりして、それなりに楽しそうでしょるんるん(ただし、というかここでの大前提は、全てそうですが、効果的に頑張った人=非効率に無駄に頑張った人は論外パンチ、が対象ですので)

でもね、今現役いう世代(20代から40代くらいか?)の老後は結構大変ですよあせあせ(飛び散る汗)理由はこれまでも書いてますが、最も大きいのはマイホームが資産としての価値がないということパンチそういうものが家計の20%〜30%を占めているということダッシュ(走り出すさま)

次に終身雇用制でないということ=安定収入がないということ、つまりはライフプランニングにおける収入計画が不確実であるにもかかわらず、支出は確定しているという家計の潜在的な破綻状況があるということひらめき

そやから、今現在一応年収があるうちに、できるだけ貯め込むか、副業か何かを事業ベースに育てておくか、そういうことが必要exclamation株で儲けるとか投信買うとか、そういうしょうもないことに金を使たらアカンパンチ

サラリーは事業資金やという認識が大事exclamation×2今のあなたは事業主exclamation事業主やけど、安定収入がサラリーという形で当面は確保できる恵まれた環境にある、そういう恵まれた環境にいられるうちに早く本業で稼げるようにしなくてはいけない、いつまでもサラリーはない、そういう認識で日々努力することが大切ですひらめき

今日はここまで・・・時計





posted by FPの森 at 14:32| 京都 ☀| ライフプラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。